夜の営みが減少しているという悲しい現実

夫婦間のスキンシップが減少してしまうと、自然と相手に対しての思いやりの気持ちも減少してしまうと思います。

結婚したからには、やはり子供を熱望する夫婦も多いでしょう。しかし、なかなか子供も授からなかったりすると、やがて夜の営みが苦痛に感じるご主人または奥様もいるようです。

愛し合った証として子供が出来るのに、子供が誕生してからは相手との愛を確かめ合う時間を設けないというのは浅はかに感じられます。

産後はもう夜の営みの必要性を感じなくなってしまい、全くスキンシップを取らないというのは、夫婦生活がいささか冷え切ってしまう可能性も高いと思います。
ですから、夫婦が円満に過ごしていくためにも、夫婦生活は重要です。そのためにも媚薬の通販を利用するのです。
愛している相手に触れられる行為は、自然と心の中にゆとりをもたらしてくれるし、満たされた気持ちになるので心も安定すると思います。

そうは言っても、子供が気になってなかなか夜の営みを設ける時間が難しいという気持ちもあると思います。

ですから毎週は難しいにしても、月に二回程の時間を設けるのが理想的ではないでしょうか。
月に一回だけというのも、何だか物寂しい気持ちになりますし。

最近は共働きの夫婦も多く、また生活スタイルも多様化しているので、なかなか一緒にいる時間を確保する事すら難しくもある時代かなと思います。

しかし働かないと生活は出来ないので仕方ないとは思いますが、夫婦が一緒に過ごす時間が減少しているからこそ、性行為を行う時間すら確保するのが困難となり次第に夫婦の営みを設ける事が難しいのではないでしょうか。

そんな時代になってしまっている事を、夫婦生活が今まさに殆どなくなっている私としては悲しく感じます。

Comments are closed.